Voice Of Water

by U. Mizuki

supported by
/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥1,500 JPY  or more

     

1.
For South 11:54
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
Plasma 04:20

about

いままでにない音楽をつくろう――「水声 Voice Of Water」

水城ゆうは音楽家として立ち、小説家として世に出、音楽と声とテキストの融合芸術である現代朗読を創始した。
2019年初夏、水城が末期がんの宣告を受けたことを知った音楽家・海津賢は水城が思うぞんぶんアイディアを注ぎ込んだ楽曲を制作できるようサポートを申し出た。
これに対し、水城は朗読を音楽の1パートとして扱う楽曲をつくりたいと応えた。
一般的に、音楽に朗読が入ると、朗読が主で音楽は伴奏のように扱われることが多い。聴取者が無意識に聞こえてきた言葉を理解しようとするからである。そこで、朗読と音楽の対等なセッションをめざして現代朗読のパフォーマンススタイルが生まれた。今回はさらに一歩ふみこみ、朗読を音楽におけるヴォーカルのように扱おうというのである。
そのためには、音の扱いに長けた音楽家の助けが必要だった。海津はまさにそのとおりの音楽家だった。

9月初旬のある日、ふたりは国立市の一軒家に泊まり込み音を鳴らし始めた。水城が即興でデジタルピアノを演奏し、海津がさまざまな音源を贅沢に駆使して表情の変化を提案する。音づくりはふたりの和気あいあいとした話し合いと生活そのものだった。音をつくっては食べ、しゃべってはつくり、つくっては眠り……そこに現代朗読のメンバーが招き入れられた。

2回4日間の合宿を経て生まれたのが「水声 Voice Of Water」である。
ユニークで無限のイメージをもつ音世界。
突き出た声はやがて音にまぎれ、つぶやきは音にからめとられていく。ヴォーカルでもヴォイスでもない、朗読が潜在的に生み出す世界観と、音楽が広げる抽象的な世界観の融合。

これは死んでも消えない。

credits

released November 29, 2019

Produced by Ken Kaizu
Composed and Performed by U. Mizuki
Manupulated by Ken Kaizu

Voice : Utae Nonomiya / U-ki

license

all rights reserved

tags

If you like Voice Of Water, you may also like: